essay how-to

ブラジャーを作ろう#1【着想編】

投稿日:

ポーチ、カバン、ブラウス、ワンピース、スカート、パンツetc…

色々なものを作ってきた経験はありますが、未開の地がありました。

それは…

ブラジャー!!

身近なアイテムですが、手作りしている人に出会った事がありません。

しかし、私にはブラジャーを作る理由があるのです。

もし、あなたもブラジャーに問題意識をお持ちでしたら、以下お付き合い頂ければ幸いです。

市販ブラジャーに対する不満3選

挙げ連ねるとキリがなさそうなので、ここでは3つに絞ってブラジャーに対する不満をワザワザ発表したいと思います。

第3位、素材の化学繊維が好きになれない

ナイロンやポリウレタン、ポリエステルなど、ブラジャーの素材は大抵が化学繊維です。

肌がピチピチなガールだった時代は、何とも思わずデザイン重視で着けていられましたが、数年前から身体が受け付けません。

特に夏はかぶれやすく、着けているだけで不快になってしまいました。

デザインはかわいいんですがね…。

こちらは、私が最後に買った化学繊維のブラジャー。

たまにはフリフリとしたブラジャーでも買うかと意気込んで、兵庫県の若者が集う場所;センター街にて購入。

しかし、どうも着ける気になれない。

むしろ、新品の下着を着ける必要性がない。(お察しください…笑)

結局タグ付きのまま使わなかったので、メルカリに出す羽目に。

デザイン豊富で色とりどりのナイロンブラジャーを着けるような季節は、いつの間にか私を置き去りに過ぎ去っていたのです。

第2位、ワイヤーとの戦い

世の女性はブラジャーのワイヤーに満足しているのでしょうか?

否…

ではないでしょうか?!

だからこそ、ユニクロがあんなにワイヤレスブラ市場を開拓しようとしているではありませんか…?!

ブラトップ、ワイヤレスブラetc…

少し前に佐々木希さんが着けて宣伝していたのを思い出します。

ユニクロは世界に向けて、

「ワイヤレスブラはダサくないぜ」

と訴えかけています。

例に漏れず、私もブラジャーのワイヤーが大っ嫌いです。

食い込むし、痛いし、跡が付くし…。

Eカップとかの巨乳ならいざ知らず、私はブラジャーのワイヤーの必要性を微塵も感じません。

欧米人のようなボン・キュッ・ボンの体型ならばワイヤーによる支えが必要なのでしょうか。

謎です。

しかし、100年ほど前の事実として、ココ・シャネルが胴体を締め付けるコルセットの要らない服をデザインし、窮屈さから女性を解放したのは有名なお話です。

そして21世紀も20年経とうとする今、女性たちが更なる開放感を求める…。

実際、欧米系の女性のノーブラ率が高いと思うのは私だけでしょうか…?!

日本人よりふくよかな彼女らの胸元が気になって仕方ない今日この頃です。

第1位、高価である

面積が少ないのに、高価なブラジャー。

関西人は布の面積の話をよくするような気がします。

ブラジャーの原価は布だけではありませんが…笑

ホックなどの各種部材や、レースなどの装飾、何度もサンプルを作ったであろう人件費、広告費などなど。

解ってはいるつもりでも、高いです。

例えば、人気の高いワコールのブラジャーは5000円くらいから。

パンツ(ショーツって呼ぶんだっけ…)の方は別売りで、セットでの購入は7000円以上から。

それに生理用のパンツ(オシャレに呼ぶとショーツ…?)などをセットすると、あっと言う間に10000円の買い物ができあがります。

服が安くなってきた今日この頃、インナーにそこまでお金をかける気になれない。

1980円で揃う下着セットや、ユニクロのブラトップでも良いではないかと言う話ですが、それはそれで問題があるのです。

かぶれる…♪( ´θ`)ノ

ナイロンなどの化学繊維に弱い肌は難儀なものです。

お世話になったブラジャー

上記のような理由で、私はここ5年ほどはナナデコールというブランドの下着セットを愛用していました。

こちらのブランドは、コットンもしくはシルク製で、ノンワイヤー。

つけ心地も軽く、90%以上の満足度でした。

では残りの10%は何でしょうか。

それは高価であること。

こちらは初めてナナデコールと出会い、お買い物記録として2013年当時に新品を撮影していたもの。

セットで1万円以上するのです。

そしてナナデコールで数点の買い足しはしたものの、6年経った2019年現在もこちらのブラジャーは現役です。

買い替え時をとっくに過ぎている…。

そして買い替える前に、自分にとって理想のブラジャーを作ってみようと思い立ったのです。

上手くいけば、数万円のコストカット…!

理想のブラジャーとは

話が長くなって参りましたが、今一度、私の理想のブラジャーについて整理しようと思います。

絶対に譲れない条件は、3点ありました。

コットンかシルクなどの天然繊維

「綿」or「絹」。

横文字じゃなく、漢字で言い直してみました。

これに限ります。

吸湿性に優れ、適度な湿度を保ってくれる点がナイロンなどの化学繊維との違いです。

着け心地の優しさが違うのです。

ノンワイヤー

ええ、入れませんとも。ワイヤーなんて。

お気づきでしょうが、理想のブラジャーとは市販のブラジャーに対する不満の裏返しなのです。

コスパ良好

こちらは材料費や制作時間という私自身のコスパはもちろんですが、使用テストを終えたら販売もしたいと思います。

今のところ、あずま袋がメイン商材の私の通販サイトですが、ランジェリーセットも加えたいのです。

先ほど5000円で高いと文句を言ってしまった手前、それ以下の金額にしなければなりません…。

ちょいと工夫して頑張ってみます。

ブラジャー作り、今後の流れ

ここまでお付き合い頂きありがとうございます(^ ^)

せっかくなので、今後の流れについて計画を立てつつ目標としたいと思います。

手作りブラジャー、素材集め編

今回が着想編でしたが、次回は素材・部材を集めます。

ブラジャーのパターンメイキングにいきなり入れたら良いのですが、ホックや肩紐、パッドを使うかどうかなど、予め考えるべきポイントが山済みです。

仕入れルートを確保してからサンプルメーキングという、一丁前な進め方にて参ります。

手作りブラジャー、パターンメイキング編

カバンや洋服などのパターンメイキング経験はあるものの、下着に関しては初めての経験となります。

その過程をシェアして、新たに物作りをする人の参考になればと思うところです。

またせっかくブラジャーを作るのだから、パンツ(ショーツ…?)も同時進行したいと思っております。

手作りブラジャー、ソーイング編

こちらの段階は他の記事同様に、写真多めにご紹介できればと計画中です。

パターンメイキングまでが大仕事ですので、縫うのは案外あっという間だったりします。

洋服も大概そうです。

ソーイング編にて、型紙も公開出来ればと思います。

ブラジャー&パンツは面積が小さいので、PDFでプリントアウトすればそのまま切り抜けるくらいが良いですね。

手作りブラジャー、使用感想編

最初に出来上がったものを、使用→洗濯→使用→洗濯→使用→洗濯…

と、5〜10ループしたところで使用感を述べつつ、改良を加えるか否か決定し

たいと思います。

衣類を作る場合は、洗濯という工程を挟まないと結論が出ません。

ちゃんと使えてはじめて、「実用品認定」っと言ったところです。

型紙公開は、この後の方が良いかもしれませんね!

乞うご期待

思いつきではありますが、Sewing logにて、初めての連続企画となります。

あなたの何かの参考になればと、また完成した暁には販売促進の宣伝となればと下心満載にて進めて参ります…!

私の市販のブラジャーに対する不満など、しょうもなさすぎてネットの大海にそっと置き去りにするのがちょうど良い文章にて失礼しました。

ではまたお会いしましょう( ^∀^)ノ

-essay, how-to

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地味に役立つ!ミシン目の手早いほどき方

今回はとてもとても地味なお話です。 それも「ほどき方」のお話…。 しかし洋裁をしていると結構出てくるのが、この「ほどく」場面です。 表裏を逆に縫ってしまった、縫い目が歪んだので縫い直したい、違うパーツ …

家で使える最強のミシンはこれだ!

皆さまミシンは何をお使いですか? またはこれからのご購入でどんなものをお望みですか? 作品の仕上がりに大きく影響するミシン。 精度の高いものを使うと、初心者でも仕上がりが一段とキレイに見えます。 世の …

ピンタレストのすすめ

「〇〇が作りたい!」と思ったとき、 でもその〇〇のイメージや作り方が分からなかった場合、あなたはどこで調べますか? Google先生に聞く事が多いかもしれません。私も大好きです、Google。 しかし …

不要な夏服でムレないマスクの作り方

マスク…夏が近づくにつれてムレませんか…? ムレますよね…笑 というわけで今回は待望(?!)の夏仕様のマスクの作り方をご紹介します。 動画でのご紹介と両方作りましたので見やすい方でどうぞ(´∀`) 目 …

【つっぱり棒+ストール=カーテン】で模様替え【ミシン要らず】

私は築24年の家に住んでいます。 24年という年月は、古民家というには新しすぎ新築からは程遠いという、何とも味気のない家です。 そんな何でもない家の、何でもない部屋の雰囲気を変えようと、カーテンを変え …

よく読まれている記事

 

よく読まれている記事

profile

 

Profile

当サイト運営の麻耶と申します。

好きな言葉は、

好きこそものの上手なれ

下手の横好きとは言わせない^ ^

詳しくは、こちら→はじめまして

記事に関するご質問などは、TwitterもしくはInstagramからお気軽にくださいませ〜!!

(English) フォローする

最近の投稿

最近の投稿