essay

ピンタレストのすすめ

投稿日:2018年09月21日 更新日:

「〇〇が作りたい!」と思ったとき、

でもその〇〇のイメージや作り方が分からなかった場合、あなたはどこで調べますか?

Google先生に聞く事が多いかもしれません。私も大好きです、Google。

しかし今回はGoogleのお話をしたいのではなく、ピンタレストというアプリのお話です。

 

私はピンタレストをこよなく愛しています。

webサービスもあるので、パソコンからでもアクセス可能です( ´ ▽ ` )

ここからはピンタレストのかんたんな説明とおすすめポイント、そして役立て方法などをご紹介してまいります。

ピンタレストを短く説明すると…

インスタグラムなどと同じく画像共有サービスの一種です。

ご存知の通り、インスタグラムは友人・知人・有名人のリアルタイムな画像が見られるアプリですね。

対してピンタレストは、興味に応じて画像を集めるアプリです。

興味があるもの(interest)をピン(pin)していくので、「Pinterest」なんですね!!

こんな感じで、ピンボードという形で自分の興味あることがズラッと並びます。

私の場合、髪を切る参考にするヘアスタイルと、旅行に行ってみたいオランダと、世界各国のソーイングと、金ピカのゴールドetc…

こうやってお見せすると、自分の家の本棚を見られているような感覚に近いです。

少し恥ずかしいけれど、他人に興味を持ってもらえるなら、シェアしたい…そんな気持ち。

ピンタレストのおすすめポイント5つ

画像共有のSNSは数多くあれど、ピンタレストを熱狂的におすすめしたいのには5つのポイントがあります。

・最強の「アイデア探しツール」

冒頭の写真にあったように、アプリダウンロードページには「アイデア探しツール」との表記があります。

これはピンタレストの何よりの特徴で、DIY(Do It Yourself=手作り)系の写真が多いのも頷けます。

またこちらのように、

「試してみた」の項目があることで、自分のピンしたものを他人が試すという楽しさが生まれます。

また自分のお気に入りの写真を集めたピンボードを誰かがフォローすると、自分の好みと共感されて、ちょっと嬉しいのです。

・レコメンドの精度の高さ

ピンタレストは、ユーザーの好みに応じてダッシュボード(=アプリを立ち上げると出るホーム画面)が、次々に変化します。

いつアプリを立ち上げても、自分の興味に応じたフレッシュな写真が見られるのです。

このダッシュボードは、今まで自分が作ったピンボードや保存した写真から、ピンタレストのシステムが選出してくれます。

ここ最近、AmazonやGoogleなどのサービスでも、そのようなおすすめ機能は精度が高いですが、ピンタレストもそのようなイメージです。

またこちらのように、

「似ているピン」を追って行くことで、自分のイメージを追求することもできます。ここまでの精度で似たものを比較できるのは、アイデア固めにとってありがたいのです。

・世界中の美しいものをシェア

ピンタレストで写真探しに明け暮れてくると、世界の様々な国や地域からアップロードされた美しいものに出会えます。

ラテン語系?イスラム語かな?…などと文字は読めないけれど、写真に写っているものの素晴らしさは共感できます。

全世界の人と美しいものやアイデアを交換し合えるのは、なんて素敵なことなのでしょう…!

良い時代に生まれたね、私たち…と感動すら覚えます。

また、私は日本語を話す日本人なので、日本語で検索するのが通常です。

ですがピンタレストだけは、ちょっと背伸びをして英語で検索するクセを付けています。検索結果のバリエーションが英語圏の方が圧倒的に豊かだからです。

英語というツールを持って漕ぎ出せば、ピンタレストという大海の、より遠くまで行けるのです( ・∇・)

・カテゴリー分け可能

カテゴリー分けの機能に関しては、最近のSNSやアプリでは特に珍しいことではないでしょう。

しかしユーザー単位ではなく「ピンボード」単位で、興味のある部分だけをフォローできたり、1つのピンボードから新たなピンボードに分岐させたりと、細部まで使いやすいのがポイントです。

ここの部分は百聞は一見に如かず…ですね。

まだアプリをダウンロードしたことがない人は、ぜひ。

・無限、なのに管理しやすい

壁にピンはできますが、どうしても有限です。

その点当たり前ですが、ネットは無限です。

好きなものを、好きなだけピンできるのです。もはや夢のよう。

そして紙やファイルと違って、失くしたりしまい込んだりせず、参照しやすいのもありがたいポイントです。

SNS疲れ知らずのピンタレスト

おすすめポイント5つ以外で、殊更に強調しておきたいポイントが実はあります。

それは画像共有のSNSでありながら、ピンタレストの世界に義務感が全くないということ。笑

ピンタレストは、

「顔も本名も知らない地球の裏側の人と、共通の興味だけを通して静かに繋がっている。」

という感覚で、私は利用しています。

フェイスブックやインスタグラムはリアルな世界でも繋がりのある人の近況を知るには最適ですが、共通の興味があるとは限りません。

その点、ピンタレストには興味のある知りたいことだけにアクセスできるという無駄のなさがあるのです。

「いいね」をしなきゃいけないプレッシャーは皆無です。笑

あからさまな広告がない見やすさ

書き始めるとピンタレスト愛が止まらなくなってきたので、もう1点だけ書かせてください。

それはピンタレストに、あからさまな広告がない点について

SNSと言えば、広告収益で利益が出ているのは、もはや当たり前の時代です。

しかしピンタレストには、ザ・広告のようなものは見当たりません。

プロモーション・ピンとしてダッシュボードに混ざっているのかもしれませんが、ユーザー側からは自分の興味を邪魔されるものがない美しい画面です。

その美しいユーザーインターフェースからは、哲学すら感じます。

密かに広告を出稿できるピンタレスト

先ほど1つと言いながら、更にもう1つだけ書いてしまいます。

私のようにブログやネットショップをしている人には参考になりますが、それ以外の人には関係が薄いので読み飛ばしてくださいね。

 

広告を出稿したいユーザー側から見てもピンタレストは非常に優れています。

そのカテゴリーに興味がある人だけに、情報を届けられる可能性があるからです。

スマホの中にある写真をアップロードしたり、ホームページの写真を引用すれば、自分の運営するネットショップやブログに人を連れてくることも可能なのです。

効果は薄いかもしれませんが、無料なのでノーリスク・ハイリターンと言えるでしょう。

自分のアップロードした写真に人気が無ければ、数あるピンの海に沈んでゆくのみです。

ピンタレストが役立つタイミング

作りたい物のイメージが明確で、その作り方だけを知りたい場合にはピンタレストは遠回りです。Googleの検索で「〇〇 作り方」と入力すれば良いだけだからです。

しかしイメージが明確なことばかりではありません。

作り方を調べる前に、そもそもどんな種類があるのか等を知りたい場合があります。

そんな場合がピンタレストの出番です。

ピンタレストで写真を見ている内に、自ずとイメージが固まっていることでしょう。またはピンボードを作って、じっくり検討するのも楽しい想像の時間なのです。

無から有を生み出すのはかんたんではありません。

しかし、あるものから連想したり、選んだりするのはとてもかんたん。

そうこうしているうちに、新たなインスピレーションが沸いてくることだってあります。

One more thing…

ピンタレストの魅力やメリットを中心に書かせて頂きました。

 

私が以前出会ったピンタレスト好きのお洒落なマダムは、

「iPadでピンタレストをし始めてからは、雑誌を買う必要がなくなったわ〜。」

とおっしゃっていました。…確かに!!

最後に、、、私自身のピンタレストのアカウントを載せさせて頂きます。

 

写真をクリック頂ければリンクしておりますので、もしよろしければ( ◠‿◠ )

-essay
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【天然】紅花から作られる口紅に感動【色素】

当ブログでは主に縫い物のHow toをご紹介する事が多いのですが、今回は感動してしまった化粧品のお話です。 化粧品と言えども、通り一遍のものとは違い口紅…それも山形の紅について…。 私は縫い物をする延 …

生地のハギレ活用法

定期的に洋裁をしていると、ハギレは山のように溜まりますね……。 捨てるにはもったいないけれど、使うには面積の小さいものばかり。そんな生地のハギレの活用方法にていて、考えてみたいと思います。 バッグや風 …

ラフィア帽子にハギレでアレンジ【針・糸いらず】

私事ですが、先日街の商店街でラフィア帽子を買いました。 ラフィアとは椰子(ヤシ)の葉でできた繊維で涼しく丈夫で、帽子の天然繊維の中で一番優れていると思ったりしています。 しかしなんとも殺風景な…。これ …

【日暮里】生地の問屋街へのご招待【前編】

生地・布地はどこで買っていますか?? 洋裁をしはじめると気づくのが布地を買う事は結構高くつくと言うことです。 往々にしてユニクロで服を買う方が安い… 言わずもがなGUなんて。 それはさておき、布地が少 …

ブラジャーを作ろう#1【着想編】

ポーチ、カバン、ブラウス、ワンピース、スカート、パンツetc… 色々なものを作ってきた経験はありますが、未開の地がありました。 それは… ブラジャー!! 身近なアイテムですが、手作りしてい …

よく読まれている記事

 

よく読まれている記事

profile

 

Profile

当サイト運営の麻耶と申します。

好きな言葉は、

好きこそものの上手なれ

下手の横好きとは言わせない^ ^

詳しくは、こちら→はじめまして

記事に関するご質問などは、TwitterもしくはInstagramからお気軽にくださいませ〜!!

(English) フォローする

最近の投稿

最近の投稿