how-to

トートバッグの作り方【型紙図あり】

投稿日:2017年08月02日 更新日:

「そうだ、トートバッグ作ろう。」

そう思った人には、この記事は大変役に立ちます。それ以外の人には、何の役にも立ちません。

ようこそ、Sewing logへ。

これからトートバッグの作り方を紹介してみたいと思います。

トートバッグなんか作る暇はないって?そんな人はこちらの記事からどうぞ。作る気になるかもしれません。

私がトートバッグを作るワケ

では、順を追って写真多めに進行しますので、よろしければお付き合いください♪

トートバッグのサイズにA4を設定

今回はA4のモノが入る程度を想定しました。

実際にクリアファイルを置いてみて、ゆとり分としてプラス数cmほど足したサイズをトートバッグの大きさとします。

内ポケットのサイズは、実際に自分の片手を置いてみてモノが取り出しやすい大きさに設定します。

私は女性ですが手が大きい方なので、自分の手を基準にポケットの大きさをよく決めています。この基準でいけば、よっぽど手の大きい人を除いた9割以上の人はちょうど良いと感じるはず。

またスマホを入れても飛び出さず、かと言って底に沈まない程度の大きさを意識しています。持ち手の長さは、肩にかけられる長さを実際にメジャーをひっかけて測ってみました。

そしてでき上がったパターンはこちら。

大きさや持ち手の長さは好みですので、ここからアレンジするのもおすすめです。

A4サイズを基準に、大きなカバンにするも良し、マチを付けるも良しですね。

トートは全て長方形なので、裁断も楽ちんです。

今回はボタンやファスナーなど使いませんので必要物は画像の通り、以上です。

縫い代も含んでいるので、この通りに布地をチョキチョキしてもらえたら、裁断終了です。

先染め」と言って、糸を先に染めてから織ってある生地;チェックストライプなどは、直線の裁断がとても楽です。模様に沿って裁ちハサミを入れれば良いだけですので♪

ですので柄に迷った際は、先染めのチェックかストライプはとてもおすすめです。

バイアスにする?それともロックミシンで済ます?

少し前にウソを付いてしまいました。

トートバッグのパーツの中で唯一、長方形でないヤツがいます。

そう、平行四辺形っぽい長いヤツ、それがバイアスです。

初めて「バイアス」の単語を聞く人のために少しご説明します。

これは、布地を斜めに切り出し、縫い代の処理などに使う影役者です。縫い代の切りっぱなしを、くるみつつ補強、また見た目もキレイに仕上げてくれる優等生なのです。

しかし問題が1つあります。それは少しばかり手間がかかること!!

ロックミシン(または端かがり機能つきのミシン)をお持ちの方はそれでザザザっと済ませるのもありです。ロックミシンがある方にとっては、こちらのトートバッグの制作時間は大幅に短縮される事でしょう。

しかし仕上がりもキレイなので、一度はバイアスでの製作をオススメします。

バイアスの扱いについては、こちらの記事で詳しくご紹介しました。

バイアスを作ろう!取り方・はぎ方・使い方

ちょっと見てから、バイアスorロックミシンを決めても良いかと思います。

私はロックミシンを所有していないので、バイアス一択ですが…笑

ポケットなどのパーツから先に縫う

トートバッグに限らず洋裁の鉄則として、ポケットや持ち手などの小さなパーツを先に完成形まで仕上げて、最後に組み合わせて縫うという順序が基本です。

今回のトートバッグの場合は、外ポケット、内ポケット、持ち手の3点がパーツですので、こちらをまずは完成形に仕上げましょう。

外ポケット

アイロンで外ポケットの形に折り目をつけます。こちらの画像はタテのラインを1.0cm折ったところです。底部分も同じく1.0cm折っておきましょう。

そして次にヨコのライン。1.0cm折った後に、2.5cm幅で折りました。三つ巻きの状態です。

三つ巻きの端を1〜2ミリのところを縫っていきます。アイロンで先に折っておくと、しつけやまち針を打つ必要がないので楽に縫えるのです!!

このアイロンで三つ巻き→ミシンの工程は洋服の裾などでよく使いますので、キレイに縫えるようになっておいて損はナシです。

本体に外ポケット縫い付け

中心だけズレないように、真ん中に配置します。このような時もチェックだとラインに合わせやすくとても楽ちんです。

本体に外ポケットをまち針で固定した後、ミシンをかけます。

始めと終わりは2〜3針返し縫いをしておきます。

内ポケット

内ポケットの有無も外ポケットと同様にお好みでOKですが、付いていると何かと便利ですよね。

今回は外にも内にもポケットをつけて、使う人に対して作った人の親切心をアピールしましょう!!

こちらは内ポケットの完成図です。トートの内ポケットではよく目にする形ですね。

はじめの図の通りに裁断している人は、16cmの方のヨコ辺を三つ巻きにしましょう。

三つ巻きは1辺だけでOKです。上のヨコ辺は後で縫い込まれる形になりますので、切りっぱなしのまま。

ポケットの深さは、これまたお好みでO.K.です。深すぎず浅すぎないところで折り返しましょう。

そして両端を5mm程度の部分をミシンで縫います。

こちらのミシン目は後からバイアス布に包まれて隠れる部分ですので、5mmと細めに縫い代をとってあります。

バイアスの縫い方については、こちらの後半部分をご参照くださいませ。

バイアスを作ろう!取り方・はぎ方・使い方

先ほどのリンクと同じくでございます。

バイアスが面倒な人や、ロックミシンを持っている人は、ここはすっ飛ばしてくださいね〜。

持ち手もミシンでダダダっと

外ポケット、内ポケットに続き、各パーツの最後の部分、持ち手の製作に入ります。

まずはアイロンで半分に折ります。

外表(=内側が裏の状態)です。

次に半分の半分に折ります。

この時も、外表。

そして最初の折り目を再度アイロンで折ります。

生地の幅が10cmだったものが、約2.5cmになっています。

アイロンでのプレスが終わっているので、後は周囲をぐるりと縫うだけ♪

開いている方の辺から縫い始めます。

2本とも完成しました!!

持ち手と内ポケットを本体に仮どめ

ついにバラバラだった各パーツがつながって参ります。

点と点が線になります!

では持ち手から。

まずは本体の開き口になる部分の辺をアイロンで1.0cm折ります。

そこに持ち手を仮止めミシンをします。

こちらは後で見えなくなるので、止まっていれば何でもO.K.です。

この持ち手を巻き込む形で三つ巻きをするため、丈夫に持ち手と本体がつながるのです。

持ち手の後に、ポケットを仮止めします。

画像のように本体の裏面の上にポケットの裏面を重ねて、5mmくらいのところをミシンをかけます。

こちらの縫い目も後で見えなくなる部分です。

本体を三つ巻き

先ほどの仮止めを巻き込みつつ、本体の開き口となる部分を三つ巻きします。

外ポケットの口部分と同じく、1cm折ってから2.5cm折る三つ巻きです。

厚みがある部分ですので、アイロンでしっかりプレスしてから挑みましょう。

持ち手と内ポケットが重なる部分は特に分厚くなっていますので、ゆっくり縫いましょう。

無理に押し込むとミシンの針が折れます。

私は何度も折っています…。

両側の三つ巻きが終わったらこちらの状態。

本体の裏面を上から見たところです。

持ち手の根元を□にステッチ

先ほど三つ巻きに縫い込んだ持ち手を起こして、□(四角)にステッチをします。

上部にしたい場合は□の中に×を入れてステッチしても良いでしょう。

こちらはこのトートバッグの中でも最も布地が重なる部分です。

なんと、合計11枚!!

急いで縫うと、針が折れたり縫い目が飛んだりするので、慎重に慎重に。

トート本体を中表にして縫う

もう完成まですぐそこですね!

本体のサイドとなる部分を二カ所縫って行きましょう。表面が中に来るようにすることを中表といいます。

このように、開き口がずれないようにしっかり押さえてミシンにセットします。

縫い代1.0cmでダダダッと縫いましょう。

サイドの縫い代の処理

切りっぱなしになっているサイドの縫い代の処理をします。

こちらは序盤の内ポケットに同じく、バイアス処理かロックミシンか選べます。

バイアスの場合は、内ポケットのときと同じ手順になります。

先ほどよりはちょっと慣れましたでしょうか。

…とサラリと書いてはいますが、バイアスをキレイに処理できるようになるのに、私は結構時間がかかりました。何度かの失敗を経て上手くなるものですね。

共に精進しましょう!!

最後にくるりんぱで出来上がり

早まってはいけません。まだ完成していませんよ。

最後に一番楽しみな(…?私だけかもしれません)裏返す作業です。

ドキドキしますね…!

トートバッグの底の角をつまんで、キレイな□になるようにくるりんぱしてください。

出来上がりです!!

おつかれさまでした!!

内ポケットもいい感じになりました。

おわりに

ここまで長々とお付き合いいただきありがとうございます。

当ブログの初How to記事ですので、いろいろと工夫しながら書いてみました。

トートバッグ制作時間は2時間弱なのに対して、記事作成時間は丸1日かかってしまいました。

また「この部分が分かりづらいよー。」とか「作ってみたよ」とかありましたら、コメントくださいませませ。

今後も様々なアイテムをご紹介しますので、よろしくお願いします。

宣伝コーナー

実は、このトートバッグ買えるのです。こちらにて。

Sewing Log

このSewing Logは、私が作成したものだけを販売している、小さな小さなネットショップです。

商品数も多くないのでサラリと立ち寄ってひやかしてくださいね♪

次は、この中のどのアイテムをご紹介しようかと考え中でございます( ^ω^ )ノ

ではまた会いましょう。

-how-to
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リバーシブルあずま袋の作り方【型紙図と動画あり】

あずま袋をご存知でしょうか? 小さく折りたためて収納力抜群な役立ちアイテムです。 私は、そんなあずま袋をリバーシブル仕様で何百と製作し手作り市やネットショップでも販売して参りました。 もはや私の必殺技 …

生地のハギレ活用法

定期的に洋裁をしていると、ハギレは山のように溜まりますね……。 捨てるにはもったいないけれど、使うには面積の小さいものばかり。そんな生地のハギレの活用方法にていて、考えてみたいと思います。 バッグや風 …

プロ仕様のアイロン台を自作【1000円&10分以下】

アイロン台はどんなものをお使いですか? 私は長らく市販のものを使っていたのですが、自作してみたら思いほか使いやすかったので、ご紹介したいと思います。 1000円以内かつ10分以下で自作できる上に、市販 …

ドレスのイメージを変えるサッシの作り方

先日、友達からのオーダーでサッシなるものを作ってみました。 オーダーされるまでサッシが何かを知らなかったのですが、簡単にできてドレスのイメージが変わる優秀アイテムだったので、ここでご紹介いたします。 …

デニムリメイクのコツをご紹介

デニムをリメイクしたバッグ等は、巷でもよく見かけませんか? 中にはリメイク風にして、実は新品を加工したものまであります。 人気の高い様子のデニムリメイクですが、先日初めてトライしました。 やってみて分 …

よく読まれている記事

 

よく読まれている記事

profile

 

Profile

当サイト運営の麻耶と申します。

好きな言葉は、

好きこそものの上手なれ

下手の横好きとは言わせない^ ^

詳しくは、こちら→はじめまして

記事に関するご質問などは、TwitterもしくはInstagramからお気軽にくださいませ〜!!

(English) フォローする

最近の投稿

最近の投稿