how-to

あら不思議!袋縫の方法

投稿日:2018年10月01日 更新日:

袋縫…。

袋を縫うこと…と思いきや、そうではありません。

縫い代の処理方法を何回かに渡ってご紹介しましたが、最後のしめを飾るのが袋縫です。

こちらも応用範囲が広く、よく使われている縫い方ですので、レーパートリーに入れておくと便利です。

袋縫の特徴と使われ方

袋縫はその名の通り、縫い代の部分が袋状になる縫い方です。図で描いてみると、こんな感じ。

 

表に縫い目が出ず、裏で縫い代が袋状になっています。

折ふせ縫よりも薄地の布の場合によく使われます。ですのでメンズの服よりはレディースの透けるような生地で使われていことが多いのが特徴です。

レディースの中でも特に、薄くて繊細な生地を使った夏服になると、脇縫などで利用頻度が上がります。

洋服以外では、ポーチなどの小物にも利用しやすい縫い方です。

袋縫の方法

写真でその手順を見ていきましょう。

袋縫も表裏を間違えがちな縫い方ですので、写真に書き込んであります。

通常、縫い物をする際は中表といって、内側に表を合わせる形で縫い進めることが多いですね。

しかし袋縫はその逆。

外側が表で、内側には裏面同士が合わさってる形でセットします。

裁ち端(布の端)を揃えて、まずは5mmで縫っていきます。

ほつれやすい布地の場合はもう少し長めの、7mmほどが良いでしょう。

逆にそれ以上長くなると、縫い代が太めになって邪魔になります。

今回も、まち針・しつけ糸などは、もちろんありません。

写真のように右手で布端をつまみ、左手を添えましょう。イメージしづらい人は、こちらの記事もご参照くださいね。

まち針としつけ糸は必要?

5mmの幅で縫い終えました。

縫い代を落ち着かせる(なみなみを押さえる)ためにアイロンでプレスしておきましょう。

次に縫い代を割ります。

今回は筒状になっていないので、このように開けます。

洋服や巾着袋の場合は筒状になってくるので、筒の中にアイロンを差し込む感じになります。

裏面からもアイロンでプレスしてます。

そして割ったところの縫い目を、折り山にしてアイロンでプレスしましょう。

そしてミシンで2本目となる縫い目を走ります。

最初の縫い代が5mmでしたので、次は7mmとしました。

こちらも決まりはないのですが、縫い代が太くなりすぎないように、最初の縫い代プラス2〜4mmくらいが適当でしょう。

縫い終わったところが次の写真。

念の為の確認で、表裏を書き込んでます。

最後もアイロンでプレスして整えておきましょう。

縫い代を倒さないままですと、次の写真のようにフワッとするので、どちらかに倒しておきましょう。

基本的には、どちらに倒してもOKなのですが、ブラウスの脇であれば後ろ側に倒します。

裏から見た感じはこのようになっています。

隣に、仲間の折ふせ縫さんが登場しています。

次の写真は表から見たところです。

縫い目がないので、とても軽やかな仕上がりですね。

夏服に使われやすいのも納得です。

袋縫、直線と曲線の違い

今回は直線の袋縫を例にとってご紹介しました。

直線の袋縫の場合は、縫い代のキレイに割れるので気持ちよく縫い進められます。

それでは曲線の場合はどうでしょうか?

ちょうど、無印良品で買った麻のワンピースに袋縫のポケットが付いていたので、お見せしますと…

曲線の袋縫ですね!脇はロックで処理されている割にポケットは丁寧です笑

こちらのような曲線の袋縫に関しても、

ミシン→アイロン→ミシン

の手順は同じですが、直線のときには割っていた縫い代が「片倒し」になります。

ちょうど、この写真のような感じに…。

ミシン目の部分を折山にして「片倒し」です。

こちらの写真では角がありますが、ポケットの場合は全て曲線ですので、そのカーブに沿っての片倒しとなります。

この片倒しをすることで、ひっくり返したときに縫い代を割ったような効果が得られます。

そして直線のときと同じく、再びカーブを縫います。

曲線は少々難易度上がりますが、仕上がりもキレイな裏の処理ですので、機会があればお試しください( ◠‿◠ )ノ

-how-to
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【日暮里】生地の問屋街へのご招待【後編】

前回は前編として日暮里繊維街のお店の数々を紹介しました。 【日暮里】生地の問屋街へのご招待【前編】 ちょっと間が空いてしまいましたが、今回は後編。 地図で言うと、このやじるしの順にご紹介する形です。 …

保育園バッグ_作り方

保育園バッグを作る?買う?オーダーメイド ?【作り方・製図など】

学生時代のお友達から保育園バッグの発注を頂いた。 保育園バッグを作るのは2度目。保育園バッグというと何か特殊な響きもあるが、基本的にはスタンダードなトートバッグだ。その都度、発注主の希望に応じて大きさ …

デニムリメイクのコツをご紹介

デニムをリメイクしたバッグ等は、巷でもよく見かけませんか? 中にはリメイク風にして、実は新品を加工したものまであります。 人気の高い様子のデニムリメイクですが、先日初めてトライしました。 やってみて分 …

ブラジャーを作ろう#2【素材集め編】

ブラジャーは何から作られているのでしょうか? 市販のものを参考に、必要な素材集めに入ります。 いざ…!! 目次1 市販のブラジャーの部品2 ブラジャーの部品集めに苦戦…3 手作りブラジャーの参考になる …

不要な夏服でムレないマスクの作り方

マスク…夏が近づくにつれてムレませんか…? ムレますよね…笑 というわけで今回は待望(?!)の夏仕様のマスクの作り方をご紹介します。 動画でのご紹介と両方作りましたので見やすい方でどうぞ(´∀`) 目 …

よく読まれている記事

 

よく読まれている記事

profile

 

Profile

当サイト運営の麻耶と申します。

好きな言葉は、

好きこそものの上手なれ

下手の横好きとは言わせない^ ^

詳しくは、こちら→はじめまして

記事に関するご質問などは、TwitterもしくはInstagramからお気軽にくださいませ〜!!

(English) フォローする

最近の投稿

最近の投稿