essay

家で使える最強のミシンはこれだ!

投稿日:2018年09月09日 更新日:

皆さまミシンは何をお使いですか?

またはこれからのご購入でどんなものをお望みですか?

作品の仕上がりに大きく影響するミシン。

精度の高いものを使うと、初心者でも仕上がりが一段とキレイに見えます。

世の中に数あるミシンの中で、私がおすすめしたいのは、実は1種類だけ。

趣味に仕事に、数多あるミシンを使い倒してきた私が自信を持っておすすめしていきます!

ところでどんな種類のミシンがあるの?

おすすめしたいのは1種類だけとは言え、なぜおすすめなのかをご理解頂くためにミシンの種類を軽く知っておく必要があります。

実はミシンと一口に言っても、用途によって無数の種類があるのです。

ここでは一般的によく使われているものや、入手しやすいものを中心に代表的な5種類について見ていくことにします。

おすすめの1台を検討する上で、比較対象として考えてみると良いでしょう♪

お手軽・お手頃な電動ミシン

電動ミシンでは3000円前後からと、お値段も1番手頃です。

重量も軽くコンパクトで扱いやすく、洒落たデザインが多いのも特徴です。

しかしその反面、デニムなどの厚地を縫いたいと思ったとき、速度を出さないと最大のパワーが出ません。

デニムなどの厚地はまず縫えないと思っておいた方が無難でしょう。

ポーチなどの小物を縫う程度なら十分とも言えます。用途が限定されるならコスパ最強ですね。

ポーチやヘアアクセサリーなどをちょっと縫いたい人にはおすすめできます。

ファーストミシンに最適な電子ミシン

電動ミシンと合わせて、手芸店や電気屋さんなどの店先に必ず数台は置いてある一般的なものです。

電動ミシンよりはお値段がはるものの、ほとんどのメーカーのものが20000円以内で買えます。

電子ミシンの方は、ある程度までなら厚地にも対応できます。この「ある程度までなら」というのがクセ者でして、厚地をガンガン縫う用にはできてませんので、限界はあります。

実際のお話をすると、私が趣味用のファーストミシンとして購入したのは、この電子ミシンでした。

しかし結果から言えば、ガンガン使って故障させてしまったのです。帽子や薄手のワンピースなどの簡単な洋服くらいまでなら縫えていたのですが、ある日針が止まり息絶えました。

私の電子ミシン、お疲れ様…。

趣味とは言え、より上手くなりたいと様々なアイテムにチャレンジする人には限界があるようです。

それでも3年近くは健気に働いてくれたので、コストパフォーマンス的には悪くないです。

いろいろチャレンジしたいけれど、お金をかけたくない人にはおすすめできます。

お値段がはるハイテクマシーン;コンピュータミシン

その名の通り、コンピューターによって制御されたミシンです。刺繍機能などが付いていることも多く、その縫い方の多様性も楽しめる機種も多いです。

お値段にもよりますが、電子ミシン以上のパワーを持ち合わせているものが多いです。

刺繍・飾り縫いなどの縫い方のバリエーションも多いのも特徴です。

それらを使いたいのかによって、向き不向きも分かれるところでしょう。

しかしながら、実は私が一番おすすめしないミシンでもあります。

母親が持っているものを、時々使ってみるのですが使用感が良くなかったからです。名前や模様刺繍などは確かに面白いのですが、洋裁を長くする上では、キレイにしっかり縫えることの方が重要です。

ミシンの場合、

機能が多い=1つ1つの仕上がりはボチボチ

と断言できます。

針を落とす場所が広範囲に広がるので、まっすぐキレイに縫うということには弱くなってしまうのです。

その点で、私が1番おすすめしたいのは次のミシンです。

本縫いに徹した職業用ミシン

本縫いとは、ミシン縫いの基本となる縫い方です。

ハンカチもシャツも、クッションやカーテンなどのインテリアも全て本縫いミシンで縫われています。

こちらの絵のように、上糸と下糸が交差することによって、布が固定されるのです。

職業用ミシンは無骨にも、この本縫いしかできないミシンです。

刺繍もボタンホール縫いもありません。

3000円で買える電動ミシンも、この本縫いはできますが、精度が全く違います。

先ほどのコンピューターミシンでも触れた通り、多機能でないミシンの方が、しっかりとキレイに縫えるのです。

また職業用ミシンは、工業用ミシンという何千何万と縫い物をする機械を土台にして、家庭でも手軽に使える用に軽量化したものです。

ですので垂直釜という工業用ミシンと同じ仕組みが採用されています。

電動ミシン、電子ミシン、コンピューターミシンのボビンがプラスチックなのに対して、職業用ミシンのボビンは金属できているのも、その耐久性の証です。

またボビンをはじめとして、釜や様々なアダプターは工業用ミシンと互換性があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JUKI 職業用ミシン シュプール30DX / TL-30DX / TL30DX ミシン 本体
価格:86400円(税込、送料無料) (2019/1/22時点)

職業用ミシンで外したくない自動糸切機能

職業用ミシンの有名どころとしてはJUKIやbrotherなどがあります。

そのどちらも工業用ミシンも手がけているメーカーさんなので、安心感があります。

しかし、せっかく職業用を購入するなら外して欲しくないポイントが1つだけあります。それは、

「自動糸切機能」

が付いていること。こちらはその名の通り、自動で糸を切る機能のことです。

これがあることで格段に作業がしやすく、スピードもアップします。

JUKIもbrotherも、様々な年代・型番の製品が存在しますが、この自動糸切さえ外さなければ、まず問題ないでしょう。

なぜならミシンという機械はパソコンなどと違い、もう何十年も前から完成された形態になっているので、ここ10年間くらいの型番の違いなどは微々たるものなのです。

一応ご紹介…毎日使い倒すなら工業用ミシン

その名の通り、工業用に使用するミシンです。

縫製工場などにある、ドッシリとして本体と作業台がセットになった、職業用ミシンの親玉です。

私は京都で職業訓練校に通った1年と、その後に就いた洋服のお直しのアルバイトの際に、この工業用ミシンを使用させてもらっていました。

毎日稼働しっぱなしでも壊れない頑丈さと安定感は、職業用ミシンをはるかに超えます。

私はこの工業用ミシンの縫い心地を知ってしまったがゆえに、そこそこ高いコンピューターミシンでも満足できなくなってしまったのです。

そして工業用ミシンの子分的存在の職業用ミシンを使うに至ったのです。

工業用ミシンに対する憧れは捨てきれませんが、電圧が家庭用と違うため、扱いが難しいのも難点です。

個人で工業用ミシンを使用している人のほとんどは、ミシン側の電圧を家庭用のものに取り替えて使用しています。

そういった意味でもお値段の面からも、工業用ミシンは家庭用の電圧に差し替え済みの中古のものが狙い目です。

工業用ミシンはその頑丈さから、状態も良くメンテナンスされていれば30年ものでも十分快適に使えます。

先述の自動糸切は付いていませんが…。

中古ミシンの専門業者さんやヤフオクなどで、10万円前後でよく取引されています。

毎日毎日縫いっぱなしになる予定の人は、検討しても良いでしょう!!

各ミシンを表にて整理してみた

話が長きに渡ってきましたので、ここらで一度、表に整理して見てみましょう。

表はここまで話してきました内容のまとめとなります。

私の推しミシンである職業用ミシンは枠で囲みました♪

◎を3つ獲得して、堂々の1位です。

しかし、ここまで読んで下さった方はお気づきかと思いますが、誰にとっても1位、という訳でもありません。

職業用ミシンを使う層というのは、本格的に縫製やファッションを学ぶ専門学校生や、アパレル企業のサンプルを作成するプロであるサンプルメーカーなどです。

趣味や仕事に関係なく、ある程度以上の精度を求める人向けと言えます。

ざっくりとした分け方で言うと、「中級者以上を目指す人向け」です。

そんな方には、私のように電子ミシンを壊して悲しい思いをするのも回り道になると思い、

「家で使える最強のミシンはこれだ!」

という断言したタイトルを付けました。

どうでしょうか?

職業用ミシンは、あなたのニーズに合いそうですか?

※私は職業用ミシンのセールスレディではございません…笑

長く使いたいなら初心者さんも職業用ミシンを

中級者以上を目指す人向けとは言え、長く使う人には初心者さんのうちからでも職業用ミシンをおすすめしたいところです。

長く使う上では、耐久性がものをいいます。

最も耐久性の高い工業用ミシンを基本形として、設計された職業用ミシンだからこそ、長期の使用に耐えうるのです。

また使用の難易度は機能がシンプルな分、その他のミシンよりも簡単とも言えます。

縫うスピードに関しても、最速だとプロ並みのスピードも出ますが、ゆっくりに合わせると家庭用ミシン並みのスピードとなります。

また精度が高いため、フットコントローラーでの速度調整などは、電動ミシンや電子ミシンよりも気持ち良く簡単に行えます。

縫い物をする人の事を考えれば考えるほど、職業用ミシン一択に思えてくるのです。

番外編;家庭用や工業用の専用ミシンたち

今回ご紹介の5種類のミシンは「本縫い」をメインの仕事とするミシンたちです。本縫い以外を仕事とするミシンを、ほんのご参考までにご紹介します。

ロックミシン

ロック…?!音楽ではありません…。

ロックというと、ちょっと想像しにくいのですが、「端かがりミシン」と言い換えるとイメージしやすいかもしれません。

布の端をかがって、ほつれを防ぐ目的で使うミシンです。

洋裁をする上で、本縫いミシンとセットで常備している人も多いのですが、この端かがりに関しては本縫いミシンで済ませる方法が様々にあるので、「無かったら無かったで済む」ミシンでもあります。

当ブログで紹介しているトートバッグの作り方などは、全てこの端かがりミシンを使わず本縫いだけで仕上げる方法をとっています。

端の処理としては、ロックミシンで済ませるよりも本縫いの方がキレイなので、より高級仕様な仕上げとされます。

因みに、こちらの記事をご確認頂くと、ロックミシン無しの仕上げについてご確認頂けます。

ミシンでキレイに縫うコツが満載!6種類の縫い方

カットソー用ロックミシン

またTシャツやカットソーなどの伸びる生地を縫う専用のロックミシンも家庭用・工業用の両方であります。

カットソー(cut &sewn)はその名の通り、cutしながらsewするので、ダイナミックな進行が魅力的です。裁断と縫製の2工程でほぼ終わるのが魅力で、初心者にもやさしい服作りができます。

カットソー専門のミシン教室なども見かけるので、人気は高いのかもしれません。

ボタンホール専用ミシン

こちらは完全に工業用でのご紹介です。電子ミシンやコンピューターミシンにもボタンホール機能は付いているのですが、工業用は格段に仕上がりが違います。

洋裁も中級者以上になってくると、ボタンホールのあるシャツなども縫いたくなるものです。

しかし手縫は手間だし、少々の練習も必要…。

そんな時にボタンホールミシンの出番です。購入すると何百万もするのですが、意外にもボタンホールだけをあけてくれる店もあります。

ボタン専門店や、ズボンの裾上げなどをやっている洋服のお直し(リフォーム)屋さんです。

料金は様々なので、ご興味ある方は近所のボタン屋さんかお直し屋さんへ…。

規模が大きめのお店なら、ボタンホールミシンを所有していることでしょう。

脇縫い(折り伏せ)専用ミシン

こちらも工業用のミシンです。何百万もするので購入することもないとは思いますが、一応ご紹介です。

というのも、洋裁をし始めると、なんで売り物の製品はあんなにキレイに縫われているのだろう…?と疑問に思う方も多いはず。

熟練の技も少々はありますが、昨今の製品では専用ミシンが一役かっているのです。

その代表的なものとして、シャツの脇などでよく見られる折伏せ縫い専用のミシンです。

縫い目が2本走っていますが、こちらは専用のミシンに通すと一発で縫いあがります。

この縫い方を本縫いミシンですると、1回目に布をずらして縫い、2回目に布を折り込んで縫うという工程になります。

倍以上の時間がかかりますね。ユニクロなどの量産品はこのような専用ミシンによって仕上げられているので、安くてもキレイな仕上がりなのです。

私は手作りも好きなのですが、安くて質の良い量産品も大好きなので専用ミシンで縫われたユニクロのシャツの脇などをみると、惚れ惚れとしてしまうのです。

機械好き・ミシン好きならミシンショーへ行ってみよう

番外編が長くなってしまいましたが、もっと知りたいマニアックな方のため、おすすめをご紹介します。

それは毎年大阪にて開催される「ミシンショー」。

主に工業用のミシンの展示となりますが、先述の専門的なミシンなどが間近に見られます。毎年インテックス大阪にて2月のいずれかの週末に開催されています。

中には超音波ミシンや、全自動裁断機などSF的な機器もあります。SF的なのですが、そんなものがバングラデッシュなどの縫製工場で使われているのですから現代ってすごい…。

圧巻されること間違いなしです。

また正式名称を「大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル」というので、細々とした実用的なものも変えます。

10年前にミシンショーで買って、いまだ現役。500円しなかったと思います。

また渋いノベルティが貰えたりするのも嬉しいところ。

こんなミシンメーカーさんのトートバッグ、レア感が半端ないです。

職業用ミシンに話を戻すと、それらを扱う代理店も出店している場合もあるので、運が良ければ良いものを買えるかもしれません。

2019年2月のミシンショーは、レポート記事を書きたいと思っています。

職業用ミシンの買える場所

だいぶん脱線しましたが、最も大事な職業用ミシンを買える場所についてお話します。

ミシンショーで買うのは行けるかどうかを含め、難易度が高いのでもっと手近なところをご紹介します。

大規模な手芸店

都市部の大型の手芸店(ユザワヤなど)になると、電子・電動ミシン、コンピューターミシンだけではなく職業用も展示している店もあります。親切なお店だと試し縫いまでさせてくれるので、実際に触って買うことができればラッキーでしょう。

楽天、Amazonなどの通販

安く買えるのは、型番などで比較できる通販の方です。触れられない、というデメリットはありますが、レビューを通して実際使っている人の声が聞けるのはとても貴重です。

JUKIやbrotherなどの安定感のあるメーカーさんの自動糸切機能が付いた機種が8万円以下で買えそうです。また店によってはメーカー保証以外に、5年保証を付けたりもしているので、アフターフォローが欲しい方には良いですね。

最後にもう一度リンクを貼ってありますので、ご参考までに。

私が実際に職業用ミシンを買ったのは…

因みに私は、日暮里の街角で酔っ払いのおじちゃん(一応ミシン取り扱い店の人)から13万円くらいでJUKIの自動糸切機能付きのものを買いました。

「JUKI 職業用直線縫いミシンSL-300EX」

という機種です。8年以上経った今も快適に動作しているのでミシンに不満は全くないのですが、ちょっと高めに買った感は拭えません。

実際にその後に知った職業用ミシン専門の取り扱い店で「もっと安く売ったのに〜」と言われました…。

職業用ミシンは、小売店が自由に値づけできるオープン価格なのです。

当時はスマホも持ってないので比較する事もなく、また引っ越したばかりの部屋のカーテンを新しいミシンで縫うことで頭がいっぱいだったので、仕方ありません。

一時的には高い出費でしたが、半永久的に使えますのでコストパフォーマンスは悪くないです。それどころかコスパ良すぎです。

3年そこそこで使いづらくなるスマホや、10年も使えないパソコンと比較するとミシンの優秀さが愛おしくなります。

スマホもパソコンも好きですけどね( ・∇・)

職業用ミシンで中古はアリ?

最後に中古に関して触れておきます。

工業用ミシンのくだりでは、その値段の高さや電圧の関係、また耐久性が抜群に高いことを理由に中古をおすすめしました。

職業用ミシンの場合はどうでしょうか?!

工業用同様に、よくメンテナンスされて状態の良いものに当たればラッキーだと思います。しかしながら当たればラッキーという、賭けの要素が強いように感じます。

他の機械を買う場合も同様ですが、メーカー保証が付いているかどうかは、特に初心者には重要です。

経験者だとある程度のミシンの不調は自力で直せますが、初心者には難しい場合が多いものです。

工業用ミシンも扱ったことがあり、ミシンの仕組みを理解しているような人なら中古もおおいにアリだと思います。

または3〜5万円以下などで入手できるなら、後々修理などで費用がかかったとしても痛手が小さいのでアリかもしれません。

そのような訳で、条件付きで中古もアリというのが私の結論です。

最後に

今回も長々と書いてしまいましたが、私の失敗談も誰かの参考になればと思い、詳細までお話しました。

ミシンは言うまでもなく洋裁をする上で主役の道具です。

私も過去の失敗があるからこそ、今の快適なミシンライフがあります。

あなたも運命の1台を見つけてくださいね♪

しつこいですが、最後に言わせてください。

家庭で使える最強ミシンは、自動糸切機能付きの職業用ミシンだ!!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JUKI 職業用ミシン シュプール30DX / TL-30DX / TL30DX ミシン 本体
価格:86400円(税込、送料無料) (2019/1/22時点)

以上、ご静聴ありがとうございました^ ^

-essay
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トートバッグを作るメリット

そんなに大事な存在じゃないけれど、なきゃないで困る…。 そんな存在がトートバッグだと私は思っています。 メインのバッグほど気合いも入れないしお金もかけない、そんな人も多いのではないでしょうか。 今回は …

住宅ローンから逃れる方法

唐突に何を言い出す…?! という感じですが、タイトルの住宅ローンから逃れる方法は動画配信サービスのNetflix(ネットフリックス)で見られるドキュメンタリー。 なかなか魅力的なタイトルですね。 タイ …

保育園バッグ_作り方

保育園バッグを作る?買う?オーダーメイド ?【作り方・製図など】

学生時代のお友達から保育園バッグの発注を頂いた。 保育園バッグを作るのは2度目。保育園バッグというと何か特殊な響きもあるが、基本的にはスタンダードなトートバッグだ。その都度、発注主の希望に応じて大きさ …

トートバッグは作るよりも買った方がコスパ◎【残念なお知らせ】

以前、リュックサックを作ろうと思っていたけれど買ってしまった話を書いた。 イオントップバリュのリュックが優秀で安すぎる そんな「あるある」でもない話だけど、共感されたのかされていないのかまずまず読んで …

副業ハンドメイド作家の製作日記

当ブログをたまにご覧頂いている方々はお気づきかもしれませんが、私は副業ハンドメイド作家だ。 副業ブームの昨今、気になる人もいるかもしれないと私自身の製作風景をご紹介しようと思い立った。 そんな訳で今回 …

よく読まれている記事

 

よく読まれている記事

profile

 

Profile

当サイト運営の麻耶と申します。

好きな言葉は、

好きこそものの上手なれ

下手の横好きとは言わせない^ ^

詳しくは、こちら→はじめまして

記事に関するご質問などは、TwitterもしくはInstagramからお気軽にくださいませ〜!!

(English) フォローする

最近の投稿

最近の投稿